環境省_浮体式洋上風力発電実証事業

環境について

浮体式洋上風力発電施設は、風車が陸地から離れた海上に設置されるため、一般に景観や騒音、低周波音等の影響が小さいと考えられています。しかし、我が国初となる「浮体式」の実証事業であることから、風速や波浪といった観測のほかに、水質や鳥類のバードストライクなど様々な項目について、環境への影響を事前に調査しました。

詳細はこちらをご覧ください。

技術について

今回設置した、浮体式洋上風力発電所は、日本初の海に浮かぶ風力発電所です。

発電した電気は海底ケーブルで陸上に送られ、受変電所を経て一般家庭に供給されています。

詳細はこちらをご覧ください。